前へ
次へ

住宅などの不動産購入をした場合は減税が可能です

注文住宅や建売住宅などは、2500万円から5千万円を超える物件が多く、ほとんどの人は住宅ローンを組んで不動産購入をしています。住宅ローンは30年から35年間の借り入れ期間があるので、税金の負担を減らしたい人が増えています。注文住宅や建売住宅などの不動産購入をした場合は、住宅ローン減税を利用することが出来ます。住宅ローン減税は、不動産購入した人が税金の負担を軽減してもらえる国の制度です。不動産購入をした最初の年は、税務署で確定申告をする必要があります。2年目以降は会社勤務の場合は、年末調整の時に手続きが出来るので、スムーズになります。不動産購入を検討している場合は、住宅ローン減税の仕組みを知っておくと良いでしょう。不動産購入をしている人は、一定の条件を満たしていると、10年間住民税などの負担を軽減してもらえます。消費税が10パーセントに上がってから、不動産購入をした場合は、期間を延長することが可能です。一定の条件を満たしている必要があるので、まずは問い合わせをすると良いでしょう。

Page Top